서비스규약

マル書堂サービス規約

第1条(本規約について)

  1. 本規約は、マル書堂(以下、当社)の韓国語教室(以下、本役務)をご利用いただく際の基本条項を規定するものです。
  2. 申込者は本規約を承諾し、本役務を利用するものとします。

第2条(個人情報保護)

第3条(契約の成立)

第4条(役務の提供及び対価の支払)

  1. 当社は、申込者に対し、当社の定める学習カリキュラムの中から申込者が選択した受講コースの役務を供します。
  2. 申込者は、入会金、授業料その他費用一覧に記載された金額、方法により納入期限までに支払うこととします。

第5条(授業の形態)

  1. クラス授業とは、所定の教室で所定の指導時間内に一人の講師が複数の受講者に対して授業形式で指導するものとします。

第6条(授業の開始日)

第7条(授業の実施場所)

第8条(契約終了期間)

第9条(申込後のクーリング・オフ等)

  1. 申込者は本規約に同意した日から起算して8日間は書面で解約の意思を表明することによって契約を解除することができます。
  2. 前項の契約の解除は、申込者が契約を解除する旨を記載した書面(Eメールを含む)を当社にて提出することによって成立します。

第10条(解除後の入会金・授業料の変換方法)

  1. 前条による契約の解除については、手数料又は解約手数料の支払を請求されることはありません。申込者が既に代金又は対価の一部又は全部を支払っている場合は、速やかにその全額の返還を受けることができます。
  2. 当社には、提供を完了した役務の対価その他の金銭の支払義務はありません。

第11条(中途解約)

  1. 授業開始後の場合、契約の締結及び履行のために通常要する費用として、上限5千円までの初期費用(入会金)、役務提供分又は1か月分の授業料に相当する金額のいずれか低い額
  2. 授業開始前の場合、前号に定める初期費用
  3. 当社の事情変更等に基づく中途解約にあたっては、解約手数料等を徴収しないものとします。
  4. 返還金がある場合は、申込者の指定する銀行口座に30日以内に振り込むことによって、返還するものとします。なお、振込手数料は申込者負担とします。
  5. 中途解約時に、関連商品である教材等が返還された場合において、未使用分に相当する前受金がある場合は返還するものとします。
  6. 中途解約の場合には、解約を希望する当該月の20日までに、書面(Eメールを含む)をもってご連絡下さい。

第12条(紛争の解決)

  1. 本約款に定める事項及び契約内容について疑義が生じた場合、その他本約款に関して争いが生じた場合は、両者協議の上、解決するものとします。
  2. 本約款に定めのない事項については、民法及び諸特定商取引に関する法律その他の関連諸法によるものとします。
上へ